グランビルの法則とは

グランビルの法則とは、アメリカのチャート分析家、ジョゼフ・E・グランビル氏が考案した移動平均線と株価の関係から導いた経験則のことをいいます。過去の株価の平均値を出してグラフにした移動平均線の動きを見ることで株価の先行きを判断し、売買のタイミングを見極めることができます。
この法則には買いのポイントと売りのポイントがあります。株価の移動平均線から8つの法則を導かれていて、4種類の買いのポイントと売りのポイントから成り立っています。
買いのポイントは、下降気味だった移動平均線が横ばい、あるいは上昇となり株価が移動平均線をあげたとき、移動平均線より大きくプラスに転じた後、移動平均線までは下落せずに再度上昇したとき、下降傾向の移動平均線より株価が大きくマイナスになったとき、の4つです。
売りのポイントも同じくいくつかのタイミングがあります。株価が下降し始め移動平均線を下抜けたとき、下降気味の移動平均線を株価が上抜けたとき、株価が移動平均線より大きくマイナスになった後、株価は上昇したが移動平均線まで届かずに再び下落したとき、株価が移動平均線より大きくプラスに転じたとき、の4つです。
個人投資家はこれらのポイントに注視することで取引を行なっています。

コメントは受け付けていません。