買い信号の見分け方

}PgžxQ

 

 

有価証券報告書などから、その企業の株式の買い信号を見分ける方法として、業績の見通しが良くなっているかどうかをチェックすることが挙げられます。

 

四半期や年度ごとに企業の業績が前期よりも伸びているところは、株価が上昇しやすくなっています。

 

企業の株価というのは、業績に応じて価値が上がってくることが多いからです。

 

企業の業績においては前期に赤字だったところが黒字に転換したような場合が、最も株価の上昇が期待できるようになっています。

 

また、企業からの開示情報では、特に来期の業績予想が重要となってきます。

 

今期よりも2割や3割といった増益予想を出してくるところは、企業サイドが今期の業績に対して自信を持っている証となります。

 

そのため、株式市場では、その企業の増益予想を折り込んで株価が上昇していくことが多いです。

 

来期の業績予想が今期よりも増益であっても、増益幅が小さくなっている企業へは素直に買われずに、一部に警戒感が出ることもあります。

 

増益幅が小さくなる見込みを出すということは、企業が業績に対して慎重になっていることの証となってきます。

 

そうした企業では、業績の拡大モメンタムが弱まっていることが考えられることから、年度中に業績の下方修正がないとも限らない状況があります。

コメントは受け付けていません。